2009年02月08日

ちょっと遠出〜後編〜

五老ケ岳を後にして、山とくれば、お次は。。。
ルイ 4999.jpg
霧自衛隊の護衛艦です船

見学が出来るというので、寄ってみることに位置情報
受付で小型犬がいる事を伝えると、ダメではないけど、万が一の事(暴れて落ちるとか)があると責任が取れないっておっしゃるので、ここはゴリ押しするのも申し訳ないので、ルイは大人しく車(セダン)でお留守番手(パー)

あとで、せっかくだから護衛艦をバックに記念写真を撮りましたカメラ
ルイ 5007-1.jpg
キメてるけど、さっき側を通ったおばさんが、「クスッ」と笑ってたよ顔(イヒヒ)

もしかしたら、ルイが笑われたんじゃなくて、犬(笑)を被写体にしてるルイママが笑われたのかもしれないけどあせあせ(飛び散る汗)

そして最後に立ち寄ったのは、舞鶴引き揚げ記念館

第二次世界大戦終戦後、満州に取り残された日本人達が引き揚げ船に乗って、舞鶴に帰港してきた場所です。

展望台まで登ってみることに。

ルイ 5009-1.jpg
?何か音がしてるね耳

ルイ 5008-1.jpg
ルイママはスニーカーくつ履いてるから、こんな音は出さないはずだけどなぁ?

すると急にルイが振り返って
ルイ 5003-1.jpg
えっ?ルイパパexclamation&question

ルイママも振り返ってみると、音の正体が判明ひらめき
ルイ 5006-1.jpg
金比羅参りをする時の様な、杖を持ってるがく〜(落胆した顔)ダッシュ(走り出すさま)

これくらいの緩やかな坂くらい、自力で登ってください、ルイパパたらーっ(汗)

坂を登りきると、沢山の植樹がしてあり、その1本ずつにこんな表記がしてあります。
ルイ 5010.jpg
引き揚げに関わる人達の想いだね。

広い展望台に着くと、『異国の丘』と『岸壁の母』の歌詞を綴った石碑
ルイ 5002-1.jpg
アンタには人間の戦争の悲しい出来事はわかんないよね顔(汗)

そして、実際に引き揚げに使用された桟橋が見える場所に。
ルイ 5011.jpg
右側に今は朽ちてしまった桟橋の名残りの様なものが見えます。

ベンチが置かれた場所に、当時の様子を描いた絵がありました。
ルイ 5013.jpg
ガラスに光が反射して見辛いけどあせあせ(飛び散る汗)

当時の人々に思いを馳せながら、帰路の途につきました車(セダン)

そして、この日の晩御飯は、お待ちかね顔(笑)
ルイ 5001.jpg
ルイパパの喫煙と比較してみたけど、大きさが分かるかなぁグッド(上向き矢印)?

身がしっかり詰まってて、最高に美味しかったです顔(メロメロ)揺れるハート
ニックネーム ルイママ at 19:03| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする